弱者の長所について

反撃の弱者

 雇用労働者は、基本的に立場が弱い。いつの時代もそう。

 上からの圧力に押しつぶされている。

 仕事を通して、お前はできないやつだと、レッテルを張られている感じがする。

 抵抗力もだんだん無くなっていく。

 私もいつも絶望していた。

 こんな状況のままでいいのか?

 弱者も生きていくためには、仕事もしなければならない。

 私の考えを聞いてほしい。

 弱者の長所は何か?

 そんなものがあるのか?

 一つだけあると考える。

 それは「頭打ちしていないこと」

 つまり、強くなることが出来ることだ。

 強者は自分の考えを押し付けて、楽をしようとする。

 その分、その分野において頭打ちしていたり、思考停止のことが多い。

 弱者は楽をしない分、苦労している分、伸びる。絶対に。

 強者が抜かれる恐怖で、あの手この手で足を引っ張ってくるかもしれない。

 そこで折れずに、対策をとっていきましょう。

 絶望していても状況は変わらないが、勉強して対策をとることで、変えることはできる。

 それが弱者の一番の長所なんじゃないか?

 私はそう思っている。

 さぁ行こう、弱者の反撃だ!!

 

コメント